MENU

NEXT HOME

DESIGN

内と外、その境界に麗しい世界が広がる。

外観完成予想CG

内と外、その境界に麗しい世界。
“庭屋一如”という奥ゆかしき
美の追求。

絵画のように巡る季節の風景を映し出すこと。それが日本に古来から続く庭園の様式美です。
〈アルビオ・ザ・タワー千代田飯田橋〉では住まう方がくつろげるギャラリーラウンジを庭園と向き合う“縁側”として位置づけ、
窓の向こうに四季の庭を設けました。左の庭は春の築山、右の庭は秋の枯山水。
手前には緩やかに境界を感じさせる水盤を配置し、緑と潤いに抱かれる心地よいひと時を創造します。

ラウンジ完成予想図

目白通りから一歩奥まった場所。
新たな風景となる
緑のシーケンスを刻む。

二方角地のうち、緩やかな坂となる北面は植栽を豊かに施すことで道行く人の心を和ませる景観を描きました。
さらに、その木立の向こうには2層分のガラスウォールとワイドスパンの庇を設け、日本建築の軒を彷彿させる水平ラインを創出。
その東西両端には趣の異なる2つのエントランスを設けました。
タワーという先進的な佇まいでありながら邸宅としての品格を感じさせる設えです。

エントランス完成予想図

伸びやかに空を映すフォルム。
その佇まいに誇りと
個性を描き出す。

天に伸びる地上24階建免震タワーでありながら、住まいとしてのぬくもりとヒューマンスケールの心地よさを。
大きな窓やガラスバルコニーに映し出される空の風景と柱・梁の色を変えた分節ラインで軽やかさを演出しました。
また、バルコニーの軒天は全て木調仕上。住まいとしての品格と個性を描き出します。

特別コラム「デザインコンセプト」

特別コラム「デザインコンセプト」

都心と繋がる駅からスピーディに、
大人の街から軽快に。
目的に合わせて使い分けられる
2つの入口を計画。


ギャラリーラウンジ完成予想図

中庭と一体となり
季節の移り変わりを望む
“庭屋一如”を具現化した
潤いと安らぎのラウンジへ。


波紋を浮かべる水盤の向こうに四季の庭「シーズンズガーデン」の自然豊かな風景。
ひとつの庭でありながら中央の柱を境として、左と右それぞれに印象が異なる世界観が愉しめるように
植栽とそれに対面するソファの配置に工夫を施し心から寛げる“庭屋一如”の空間を創造します。

伸びやかに空を映すフォルム。
その佇まいに誇りと個性を描き出す。


天に伸びる地上24階建免震タワーでありながら住まいとしてのぬくもりとヒューマンスケールの心地よさを。
大きな窓やガラスバルコニーに映し出される空の風景と柱・梁の色を変えた分節ラインで軽やかさを演出しました。
また、バルコニーの軒天は木調仕上。住まいとしての品格と個性を描き出します。

天に伸びる地上24階建免震タワーでありながら住まいとしてのぬくもりとヒューマンスケールの心地よさを。大きな窓やガラスバルコニーに映し出される空の風景と柱・梁の色を変えた分節ラインで軽やかさを演出しました。また、バルコニーの軒天は木調仕上。住まいとしての品格と個性を描き出します。

外観完成予想図

車寄せ完成予想図

次回の更新は
10月上旬以降になります。

※掲載の各完成予想図及びギャラリーラウンジから望むシーズンズガーデンイメージイラストは計画段階の図面を基に描いたもので形状・色等は実際とは異なります。なお、外観形状の細部、設備機器等は表現しておりません。完成予想図及びイメージイラストで表現されている植栽は竣工から初期の生育期間を経た状態のものを想定しており、竣工時は植物の生育を見込んで必要な間隔をとって植えています。

To Roomplan
※掲載の完成予想図は現地24階相当から南方向を撮影した眺望写真(2019年2月撮影)に計画段階の図面を基に描いた外観完成予想図を合成しCG処理を施したもので形状・色等は実際とは異なります。なお、外観形状の細部、設備機器等は表現しておりません。家具・調度品等は販売価格に含まれておりません。眺望・景観は、各階・各住戸により異なり、今後周辺環境の変化に伴い将来にわたって保証されるものではありません。
※掲載のラウンジ完成予想図は計画段階の図面を基に描いたもので形状・色等は実際とは異なります。なお、外観形状の細部、設備機器等は表現しておりません。この完成予想図で表現されている植栽は竣工から初期の生育期間を経た状態のものを想定しており、竣工時は植物の生成を見込んで必要な間隔をとって植えています。
※共用部の家具・調度品は変更となる場合がございます。ご利用は管理規約に従っていただきます。
※掲載の外観完成予想図は計画段階の図面を基に描いたもので形状・色等は実際とは異なります。なお、外観形状の細部、設備機器等は表現しておりません。この完成予想図で表現されている植栽は竣工から初期の生育期間を経た状態のものを想定しており、竣工時は植物の生育を見込んで必要な間隔をとって植えています。